トップ / 事故を予防するために知りたい事

自転車事故を予防するには

補償の厚い自転車保険に加入していたとしても、安全運転に注意することは当然の義務です。安全に自転車を運転するために、日ごろから注意できるどんな事柄があるでしょうか?

交通ルールを順守する。当たり前のこととして信号を守ることや、左側通行、飲酒運転をしないなどの自転車に適用される交通法規を守ることができます。

特に交差点は、自転車事故の起こりやすい場所です。信号を守ることは当然ですが、黄色信号での無理な交差点進入をしない、見通しの悪い交差点では、一旦停止や徐行して左右確認、歩行者や他の車両の有無を確認してから進入するなどの注意が必要です。自転車が交差点で右折したいと思う場合も、原動機付バイクと同じように、2段階右折になります。

目立つ服装やヘルメットの着用。自転車に乗る時は、暗い色の服装よりも、明るい色の服装を意識できます。明るい色のヘルメットも他の自転車や自動車から認識されやすく事故を予防するという効果があります。一度衝撃を受けて破損したヘルメットは安全のために再び使用しないようにします。

整備された自転車に乗る。タイヤの空気が減っているならバランスを崩しやすく転倒しやすくなります。またブレーキが効かないと急停止できないので、いざという時事故につながります。法令で義務付けられているランプや反射材は、点灯しないなら夜間の走行は危険ですし、反射材が破損していれば夜間に他の自転車や車から認識されにくくなります。定期的に自転車もメンテナンスして、快適に安全に運転できるようにしましょう。

自分のライフスタイルにあった自転車保険を選ぶとともに、交通法規を順守し、整備された自転車で安全運転を心がけるなら、自分が事故の加害者になってしまうという悲惨な事態をなるべく回避することができるでしょう。