トップ / 自転車保険は必要なのか

何故自転車保険は必要なのか説明

自転車の運転には自信があるから大丈夫、自分の周りでも保険に未加入の人がまだいる、保険が適用されない事例もいくらかあるといった理由で自転車保険の加入になかなか積極的になれないかもしれません。とはいえ、自転車保険に加入すべきどんな理由があるのでしょうか?

自転車事故による高額の賠償命令が出されている。自転車事故を起こしてしまい、被害者が死亡あるいは重度の障害を負った場合、裁判所により加害者に高額の賠償命令が出されるという事例が増えてきています。

なかには1億円近くの賠償金支払い命令が出ている事例もあります。もし自分が自転車事故を起こして、相手が死亡する、重度の障害が残るといった場合、自分や家族の財産だけで高額の賠償金を支払うのは不可能です。万が一自分が事故を起こしたときの事を考えて自転車保険に加入しておくことは大切です。

また自分の自転車で車や物品を破損した場合も、弁償する義務がありますが、その際の弁償金も保険でカバーできます。

自転車事故を起こした場合、被害者への補償金や慰謝料を支払うという民事責任だけでなく、過失傷害罪や道路交通法違反などの刑事責任も問われる場合があります。こうしたリスクを知っておくならば保険加入とともに安全運転にも注意できるでしょう。

自分が自転車事故の被害者になった場合。歩いていて自転車にぶつけられてケガをした場合など、自転車に関する保険という事で、その治療費もカバーしてくれる保険もあります。自分が被害者になる場合もあるので、そうした場合に備えて自転車保険に加入しておくこともできます。

自分で自転車に乗っていてケガした場合。自分で自転車に乗っていて転倒して怪我をした場合などの、治療費や入院費も自転車保険でカバーできます。

自分が加害者になった場合、被害者になった場合の両方を考えてみるならば、自転車保険の加入も積極的に検討してみることができるでしょう。