トップ / 自転車保険一体どう選ぶ?

自転車保険の選び方を紹介する

保険を一体どう選ぶ。自転車保険に対する関心が高まる中で、たくさんの自転車保険が登場するようになりました。数ある保険の中から自分に合った自転車保険をどのように選ぶことができるでしょうか?

自転車保険選びのポイントは基本的に3つあります。一つ目は、自転車で相手にケガをさせてしまった場合の個人賠償保障。最近は自転車事故で相手を死亡、もしくは重度の障害を負わせた場合、1億円近い賠償金の支払い命令が出される事例もあります。もしも自分が加害者になった場合の補償金の支払いに備えられる保険を選べます。
最近の自転車保険の個人賠償保障が1億円以上の商品には、自動で弁護士による「示談代行サービス」が付帯しています。

二つ目は、自転車で自分がケガをした場合の補償です。入院保障だけでなく、通院補償が付いたものを選ぶことができます。自分が自転車に乗っていて単独で転倒した場合のケガにも対応してくれるので、毎日自転車に乗られる方はこのタイプの補償のついた商品を選ぶことができます。そして、その保険商品の通院日額や入院時の補償内容を選ぶポイントにできます。

三つ目は月額保険料です。家族の中で一人一人が自転車保険に加入するよりは、家族プランの保険に加入して保険料を安く抑えるという方法があります。

さらに余裕があれば、自分の自転車ライフに対応できる付帯サービスがあるかどうかも参考にできます。例えば遠くまで自転車に乗って出かけることが多い人は、ロードサービスが付いた商品。自転車競技での事故にも対応した保険など、自分が必要とするかもしれないサービスが付いた保険も選ぶことができます。

自分が加害者になった場合と被害者になった場合の2パターンでまず考えて、その後自分たちの予算の保険料に見合うプランがあるかどうかを考えて自分に合った自転車保険を探してみましょう。