賃貸一戸建ての家探し

一戸建て賃貸での家探し

  • トップ /
  • 一戸建て賃貸での家探し

家探しに重要な予算と条件

家探しで重要なのは予算と条件です。条件は一戸建てかマンションかや、分譲か賃貸か、場所も重要となるでしょう。賃貸の定番はマンションですが、一戸建てを借りたいという人もおられます。分譲物件のメリットは、自身の不動産として所有し、家賃を支払わなくても良いという点です。但し、現金支払いにて物件を取得する人は少なく、多くの人が長期返済を求められます。返済には金利が付加され、最初の10年から15年は金利分とも言われています。物件を所有すれば固定資産税の負担もあり、修繕費などのランニングコストを考えると、不動産を所有するのは非常に大きな負担となります。確かに賃貸物件はいつまで家賃を支払っても自分のものとはなりませんが、固定資産税や借入返済金及び金利は無く、修繕費も所有者が持つため、毎月の家賃のみを支払えば住めるということがメリットとなるでしょう。一戸建てでの家探しで注目したいのは、それまで利用されていたことや、家族構成です。富裕層の高齢者がケアハウスやマンションに住まいを移すことが多くなり、所有する一戸建てを賃貸に回し、賃貸収入をマンションやケアハウスの賃料に充てるすということが多くなりました。一戸建ての家探しは、元々どのような人が使用してどのような理由で貸すのかを知ることが重要でしょう。

↑PAGE TOP